2014年4月25日15時にスタートしたウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)。
前回のブログ スタートまではこちら。

P4250017

さぁ、169kmの長い旅がスタート!

長い長い旅、未知の100マイルの旅。
必ず途中で身体のどこかに痛みが出るだろう、でも、何が起こってもすべてを受け入れゴールへ向かうしかない。幸いにも今はどこも痛みは無い。アップ時に膝に違和感があったが、テーピングを追加したら治まった。これはいけるぞ。

大観衆に見送られスタートゲートを飛び出していく。観衆とハイタッチ。「ありがとう。行ってきま~す。」
前方に位置していたため、スタートからロスタイムなく走りだすことができた。
すぐに左に折れ、湖岸の遊歩道を進んでいく。遊歩道から河口湖大橋を渡り湖を横断する。

前方からスタートしたため、林道へ入るまでに実力のある選手がどんどん前へ。
その中には、相馬剛選手や大内直樹選手など。お~、前に陣取りすぎましたね。(笑)

4kmほどから徐々に標高上げ、つづら折りの林道を上っていく。まだまだ舗装路が続く。あまり無理ないペースで走りと歩きを交互に繰り返す。体感温度は高く汗をかき始めるが、周りも汗をかいている選手が多い。よし、気にせずにこのまま行こう。先はまだまだ長い、じっくりと。

次に目指すA1富士吉田とその次のA2二十曲峠はサポートが禁止されている。サポートと再会できるのはA3山中湖きららから。そこまでの距離は約40km。そのため、ジェルは8個、ドリンクは水1ℓ+スペシャルドリンク1ℓを携帯。
約45分おきにジェル1個を食べ、エネルギー切れを起こさないためには時間の管理が重要。

林道のピークに到達するまでに、雨がポツポツと降った時間があった。レインウェアを着用しようか迷ったが、しばらくすると止んだため着用しなくて済んだ。
大会を通じて雨が降ったのはこの時間帯のみ。天候に恵まれ幸運だった。

ロードの下りを無理ないペースで走り脚を温存。この下りでUTMFを過去2回完走しているランナーの方としばらく並走した。ちょっとした世間話の後は、お互いの健闘を讃え僕が先行した。

ようやく待望のトレイルが登場。多少のアップダウンがあり、富士吉田を目指し気持よく下りのトレイルを走る。きちんと目がついていけているし、調子は良い。下りは特に足元に注意しながらもテンポよく走る。

山を下り舗装路を進むとA1富士吉田のエイドに到着。
ここではアツアツの吉田うどんをいただく。ゆっくり味わいところだが、急いでかきこむ。その時、ライブ中継のカメラから「一言お願いします」と「旨いです。最高です!」さらにポーズのリクエストも。うどんとガッツポーズで応える。(笑)
うどんを食べ終え、トイレを済まして早々にエイドを出発。よし、行こう!

スタート~A1富士吉田 18.2km
到着予定/17:07(2:07)、通過時間/17:05(2:05)、エイド滞在時間4分
総合140位、男子131位、区間145位

この区間は前半の難関、杓子山の上りと激下り。
昨年とは逆走の上りは予想していたよりは負担が少ない。最大でも2kmで300mアップの上りは比較的に楽に上れる。

杓子山のピークでバックパックを降ろし、ヘッドライトを取り出し装着。
そろそろ、日が落ちてきたのでライトオン。

杓子山の下りは、狭いシングルトラックとロープを使わないと危険なセクションがあり注意が必要だが、思いがけず着地で脚を攣った。おっとヤバい…!すぐに筋肉を伸ばし、走りだすと問題なさそう。まだまだ先は長い。焦らずに。(笑)
ここは前後つまることなく順調に進むことができた。
後方では、この区間に大渋滞が発生し、1km進むのに45分かかったと後に聞いた。

下りきるとA2二十曲峠のエイドに到着。
ここでは、コーラ、バナナ、パンをいただく。コーラの炭酸が身体が生き返るように感じる。旨い! 水の補給とトイレを済まし、早々に出発。
一旦停まるとすぐに寒さを感じたため、アームウォーマーを装着して出発。よし、行こう!

A1富士吉田~A2二十曲峠 15.2km(スタートより33.4km)
到着予定/19:45(2:37)、通過時間/19:41(2:35)、エイド滞在時間8分
総合166位、男子153位、区間179位

エイドを出発するとまたすぐに上りが始まる。石割山を越えると下りの途中で石割神社を通る。たいまつが焚かれ幻想的な雰囲気。今はこれを楽しむ余裕なし。

前半より気になっていた、右側の腹筋の痛みがこの区間で強くなってきた。
特に石割山の下りになってから顕著に痛む。原因が胸に差しているソフトフラスクの揺れだと分かったころには既に遅し。市街地に降りると強い痛みが。ソフトフラスクを手に持ち、左右に持ち替えながらだましだまし走る。あまりの痛みに歩いてしまう。平地なのに歩きと走りを交互に繰り返し山中湖きららを目指す。

痛みに耐え走り続けてきららに到着。沿道の応援の方が「余裕ですね!」と「腹筋が痛いんです。」「ええっ!、無理せずに!」
エイドへ入ると大声援をいただいた。本当にありがたい。サポートの友人に調子は良い、でも、腹筋が痛いと伝え、バックパックの準備をお願いした後にドクターへ相談に行った。テーピングを貼るしかないとのことなので、貼り方を教えていただき、後は自分で貼った。2枚のテーピングを腹筋の痛みに沿って被らせるように貼った。これで大丈夫と思っていくしかない!

ここでは、バナナ、パン、コーラ、ウイダーinゼリー(サポート持込)をいただき、すぐに出発。
ここでは常設の清潔なトイレを使用できる。
さぁ、次のエイドを目指して。友人と握手、次のエイドで!

P4250026

エイド内はこの賑わい。力をいただける!

P4250028

腹筋が痛いけど絶好調!ちょっと眠そう?

P4250021

おまけ 山中湖から夕焼けの富士山を望む

A2二十曲峠~A3山中湖きらら 5.9km(スタートより39.3km)
到着予定/20:35(0:50)、通過時間/20:31(0:50)、エイド滞在時間15分
総合163位、男子149位、区間191位

今日はここまで、次回へ続く。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Trail Mix Running は滋賀県から発信する、関西のフィールドを楽しむトレイルランニングツアー。

トレイルランニングは、「走る」ことを「遊び」に変えてしまう。
大自然の中を走り抜ける爽快感、下りを駆け下りるスピード感、変化に富む山のコースを楽しみましょう!
つい「ヒャッホー」と声を出してしまうようなコースを用意してお待ちしています。

http://www.trailmixrunningtour.com/
https://www.facebook.com/trailmixrunningtour