先日、ウルトラトレイル・マウントフジ2014のポスターが発表になった。

3224594a.jpg


『富士山ぐるり168km』

距離が8km延びた…!
あるショップさんの情報で富士小学校からゴールの区間がコース変更になり距離が延びると聞いていた。
ポスターの右上のコース図でその区間が確かに変わってる。単調なコースだったと聞いていたので、苦しみの絶頂だろう疲労が紛らわせれるような楽しいトレイルだと嬉しい。

諸般の事情により大きな声で言えないが、2013年のUTMFは142km地点の富士小学校、32時間54分でリタイヤ。あの悔しさを一生忘れることはないと思う。

105km地点のすばしりでリタイヤしようと考え、走れずに歩いて下りた富士山四辻のトレイル。
リタイヤを決意した自分に腹が立ち、何度も自分に問いかけた。ここで辞めていいのか、後悔はしないか、徹夜でサポートしてくれた友人の気持ちはどうなるんだ、中途半端に辞めてしまうならトレイルランなんか辞めてしまえ! 考えると泣けてきた。嗚咽した。

ゴールまで行け、諦めるな。男を見せろ。走れ。行け、行け。
何度も頭の中で唱え、また呟きながら、泣きながら34歳のおっさんは走った。
目を真っ赤にしたおっさんが抜かれたランナーを抜き返していく。

走れる、走れる、ゴールまで行く。
そう思いながらすばしりのエイドに全速力で飛び込んだ。友人に伝えた。
「行きます。すぐに出発します。準備をお願いします!」

結果的に自分の都合による時間切れでリタイヤを決断した。

後にこれが僕の限界を超えた一瞬だったと感じた。

限界は自分で作っているもの。限界は越えられる。UTMFで学んだ一瞬は大きく成長できたものだった。

ウルトラトレイルは人生である。
何度も自分に問いかけ、自分と対峙しながら前へ進む。こんなにも的確に表現できる言葉はない。

さて、新年からの走りこみで毎月ロードを300km以上、最大400kmを目標にやる!
故障なく達成できれば、最後まで走ってフィニッシュゲートをくぐれるはず。

あと2日、まったりと過ごします。(笑)