2014年10月12日(日)午後1時にスタートした「第22回ハセツネCUP 日本山岳耐久レース」。

レース前の準備編はこちら
レース終了後の結果速報はこちら

会場到着は午前9時30分過ぎ、午前10時から選手受付が始まる。
前日の天気予報では晴れの予報だったが、少し肌寒い曇りの天候。

PA120003

まだ受付開始前だが、2箇所ある男子更衣室の一つの五日市小学校体育館はほぼ満員。この後はぎゅうぎゅう詰めになった。

BlogPaint

僕が確保した荷物置き場がここ。ひとまず、確保できて良かった。
次は参加受付に行こう。

PA120010

選手受付は、五日市会館前のテント。参加案内の封筒と山岳保険証を提出。

PA120015

受付を終えると会館内のEXPO会場へ。マラソンでいうところの東京マラソンEXPO。
トレイルランニングでこれ以上の規模はない。メーカーの来季モデルを出展したブースとアートスポーツとさかいやスポーツの売店など。例年どおりの大賑わい。

PA120016

サロモンのブースは現行モデルばかりだったような。

写真を撮れなかったが、会場で見かけた来季の注目モデルは、ザ・ノースフェイス「UT2(ウルトラトレイル2)」と名称不明だがランニングシューズのようにアウトソールにツブツブが配置されたモデルがあった。「UT2」はウルトラトレイルで弱点だったアッパーが強化されているよう。どちらのモデルも登場が楽しみ。
そして、モントレイルは「バハダ2」「マウンテンマゾヒスト3」。「バハダ2」はアッパーの両サイド補強部のデザインが変更になり、重量は現行モデルと変わりないと説明を受けた。

PA120019

スタートゲート前へ。初出場の時はここで記念撮影をしたなぁ。

PA120022

五日市中学校前のペールトイレ。後の長蛇の列でも20分ほどの待ち時間で利用できた。

この後は体育館に戻り、ウェアを着替えたりゼッケンを付け準備を行う。
あまりの混雑で体育館は少し暑く感じるほど。雨の心配がないから外の方がゆっくりできそうだ。

ウォームアップは午前10時30分からと11時30分からの2回を行った。暇だったから2回もやったのかな。(笑) 調子は良くも悪くなかったけど、自分に良いと言い聞かせていた。アップの後はトイレの列へ。

イメージ 2

スタートまで1時間を切った頃に招集場所へ。10時間以内の列に並ぶ。

イメージ 1

スタート30分前。後ろを振り返る。


イメージ

開会式が始まる。この後、昨年度覇者の東徹選手からハセツネCUPの返還があり、選手宣誓を行われた。

開会式が終わるとスタートラインへ誘導が始まる。招待選手、10時間以内、12時間以内、16時間以内、20時間以内の順。

ステージで大会実行委員さんがMCでスタートまでの時間を盛り上げてもらっているが、スタートゲートに並ぶと余り聞こえてこない。時計を確認しながらスタートを待つ。

さぁ、今日は目標を達成して9時間台で帰ってくるぞ。どんなに苦しくて耐えて克服してやる。
そう心に誓ったはずだったが…。

「スタート10秒前、9、8、…、3、2、1」

スタート! 行け〜!!

勢いよくゲートを飛び出し、五日市の街に飛び出した。

…レース編に続く。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Trail Mix Running は滋賀県から発信する、関西のフィールドを楽しむトレイルランニングツアー。
当ブロガーが皆様をサイコーなトレイルへご案内します。

「カルスト台地の大パノラマに感動! 霊仙山(りょうぜんざん)トレイルラン」
2014年10月26日(日)開催のエントリーを受付中です。
皆様のお越しをお待ちしています!

http://www.trailmixrunningtour.com/#!-2014330/c6bg

公式ホームページ、facebookページを公開中。
http://www.trailmixrunningtour.com/
https://www.facebook.com/trailmixrunningtour