2014年ハセツネCUP優先エントリー制度が発表された。
以下、オフィシャルサイトより抜粋。

ハセツネポイント制廃止に伴い、ハセツネCUP及び30K大会(共に全期間業務)のスタッフは本大会のエントリー権を付与する。
第6回ハセツネ30Kの男子の部1000位、女子の部100位までにエントリー権を付与する。
http://www.hasetsune.com/topics/201311203.html

今年の第21回大会のポイント制度を例にみると。
第20回ハセツネCUP スタッフボランティア 8ポイント
第20回ハセツネCUP グリーンフェスティバルボランティア 2ポイント
第5回ハセツネ30K 3/20作業ボランティア 2ポイント
第5回ハセツネ30K スタッフボランティア 8ポイント
第5回ハセツネ30K グリーンフェスティバルボランティア 2ポイント
第5回ハセツネ30K 完走者 6ポイント
日本山岳協会共済の加入者または日本山岳救助機構(jRO)の加入者 2ポイント
以上の合計が10ポイント以上の方が優先エントリー者となる。

ハセツネ30Kを完走と想定+j RO加入で合計8ポイント、2ポイント足りない。ボランティア参加は関西在住者には現実的じゃない。という訳でこれまでポイント制度はあてにしてなかった。
しかし、来年よりハセツネ30Kを男子1000番以内に完走すれば、エントリー権がもらえる。
今年のハセツネ30Kの男子完走者は848人(!)これなら漏れなくもらえる!
まぁ、考えることは皆さん同じだと思うから、来年はエントリー希望者が急激に増大するだろう。これが第0関門になるのかな?

来年の第6回ハセツネ30Kは4月13日の開催。UTMFは4月25日だから2週間ほど。100マイルも走るのだから、せめて3週間はインターバルが欲しいのが本音。
ハセツネCUPのエントリーはいつもハラハラドキドキ。時間との戦い。これを解消できるならインターバルが短くても30Kを走る価値があると思うが…
でも、エントリー開始の2月1日午前10時にはPCの前に座っているんだろうな。