先週末の8月24日は長野県木曽郡王滝村で「OSJおんたけスカイレース」に参戦してきた。
初めてのパワースポーツのイベントであり、初の御嶽山での登山(レース)ということもあり、数日前からワクワクドキドキ。過酷この上ないコースだが、楽しみで仕方なかった。

17

スタート地点の王滝村小中学校の標高は約890m、ここから山頂へひたすら上るだけ。御嶽山の山頂、剣が峰の標高は3,067m。標高差は約2,000m。
山頂からは5つの火山湖を巡る距離約5.5kmのお鉢巡りが待ち構える。そこは標高2,800m以上の低酸素でのフラットでないアップダウンのあるトレイル。非日常の絶景が味わえる名所だが、昨年は悪天候で上位選手を除きショートカットされてしまった。
フラフラ(おそらく)の状態でお鉢巡りを終えると残りはただ走り下るのみ。ゴールまで一気に下る。
総距離37km、ロードあり、林道あり、スキー場の草原あり、ガレ場ありの日本有数のスカイランニングレース。スリーピークス八ヶ岳トレイル2014で感じた課題の上りの遅さの対策をレース1ヶ月前から行った。坂道ダッシュ、階段走り、スクワットの強化でどこまで上りに耐えれるか。
さぁ、どうなる!?

イメージ 1

選手受付は前日の8月23日(土)のみ。滋賀県北部からは会場まで車で約3時間30分。
王滝村手前の木曽福島駅付近のイオンとセブンイレブンで食料の買い出しを済ませてから、午後3時30分すぎに受付会場の松原スポーツセンターに到着。
この時刻での気温はだいたい22℃くらいで少し肌寒く感じる。この時点では曇り空だが、明日は回復する天気予報だが変わりやすい山の天気がどうなるか。
そして、この会場周辺にはコンビニやスーパーマーケットが無い。一番近いお店までは車で30分はかかる。遠征の経験から事前に購入してきたが、想像以上にのどかな村だ。

初めて訪れるトレイルレースの場合は、グーグルマップ等で周辺のお店を検索されることをおすすめする。買いに戻るのは時間があるなら早く寝たほうが絶対にいい!

イメージ 10

広大な駐車場で車中泊してもOK。車中泊が公認なのは珍しい。

イメージ

選手受付を済ませて、さかいやスポーツやパワーバーのブースでお買い物。ジェルやテーピングを少々お買い物。サロモンのブースで「センスプロ」シューズの試し履きをさせてもらった。しかも、「自由にその辺を走ってもいいです。(!)」と大サービスだったのでロードや芝生の傾斜を走らせてもらった。
実は、これは事前に気になっていたシューズだったが、重量は軽くて走りやすい。グリップもいいしフィット感も良い…と気に入ってしまった。さらに、協賛価格でさかいやスポーツのブースで定価15,000円が今だけ8,000円と超びっくり価格(!!!)
欲しい〜と何度も悩んだ末に結局は色の問題で買わずじまい。(笑)
試し履きしたのはイエローカラーで気に入ったが、販売していたのはブルーカラー。やっぱり気に入った色でないと後で後悔するだろうし。。。

23

ブルーだから安いんだそう。ウェブサイトに載ってるレッドもいいなぁ。

イメージ 2

そうやって散々と悩んでいるうちに午後5時からの競技説明&パーティーが始まった。
テーブルがセットされ、オードブルとビールやソフトドリンクが並べられた。軽食だが食事を用意してもらえるなんて嬉しい。各テーブルで見知らぬ人どうしでドリンクを注いで乾杯の準備が完了。
「かんぱ〜い!」と王滝村の方(?)の合図で。すみません。どういう方だったか覚えてない。

そして、オードブルへ伸びる無数の手。瞬殺で食べ物は無くなってしまった。
乾杯の後に友人に会いにいっていたので、一つも食べられず。夕食を買ってあるから、まっ、いっか。

中央のスクリーンにコースの写真が映し出されてコース説明が始まる。最初のうちは聞いていたが、途中から友人とさかいやさんのブースをぶらぶら。何回目の訪問だと言いたくなる。(笑)
いろんなグッズを見ながら、あーでもない、こーでもないとトレラントークを。ブースにいらしたベスパの斎藤さんに補給についてアドバイスをいただく、ざっくばらんに説明いただき勉強になりました。
「おい! 全く説明は聞いていないのか!?」とツッコミたくなる方があるだろうがその通りです。聞いてもレース中は忘れてしまっているだろうし、苦しすぎて思い出せないはず…。

そして、テーブルに戻った頃に説明会が終了した。明日の健闘を誓い、友人とはここでお別れして、今晩の宿へ向かう。

イメージ 4

会場から車で約35分。本当に何もないのどかな風景をひた走る。付近にはお店や食堂は何もない。
本当にこのホテルのみ。カーナビの画面は近づいていくが何も見えない。本当にあるのかと不安になるような場所にありました。

でも、このホテルの温泉が良かった。源泉掛け流しの褐色のぬるめの内湯と露天風呂がとても気持ち良かった。明朝は5時に出発しないといけないのが勿体ないくらい。明日の朝も入れたら幸せやなぁと考えてしまった。素泊まりで5,000円と温泉でリーズナブル。来年も参戦するならまたここに泊まろう。館内で見かけたランナーぽい方は他に2名だった。
ここは穴場やな。でもブログに書いてしまった。

さて、明朝4時に起床。睡眠はまぁまぁ。おにぎりとバナナの朝食で糖質補給してニューハレテーピングを貼り準備完了。さぁ、スタート会場へ向かうぞ!! 

次回のレース編へ続く。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Trail Mix Running は滋賀県から発信する、関西のフィールドを楽しむトレイルランニングツアー。

「兵庫県の屋根からヤッホ〜! 氷ノ山トレイルラン」
2014年9月23日(火・祝)開催のエントリーを受付中です。
皆様のお越しをお待ちしています!

http://www.trailmixrunningtour.com/#!untitled/c1eha